【フランスのパン】アヌシーのパン屋Alexandre Perchatのパンオレザン【Pain aux raisins】

Alexandre Perchatアイキャッチ

フランスの美味しいものの一つ、それはパンオレザン(独断と偏見)。

 

 

これはアヌシーでも美味しいパン・オ・レザンを探し求めなければ…という訳で、アヌシーでも高評価のパン屋さんに行ってパン・オ・レザンを食べるという連載を断行します。

 

 

今回ご紹介するパン屋さんAlexandre Perchatは、観光案内所(Office de Tourisme)からも遠くない位置にあります。ショッピングセンターのCourierとBonlieu(劇場や図書館が入っているところ)の間です。

 

 

住所は

6 Rue Président Favre, 74000 Annecy

 

朝の7時から営業しており、日曜日はお休み。

 




広告

アヌシーでパリパリなパン・オ・レザンを食べるならAlexandre Perchat!

Alexandre Perchat

外観はこんな感じ。

ガラスの向こうに美しいパティスリーが並んでいます。

 

さて主役のパンオレザンはこちら!

 

パンオレザン

細かい層に分かれた渦巻きがハッキリとわかりますね。

表面はこんがりと焼き色が付きレーズンも見えます。一方でクリームは見えません。手に持っただけでわかるカリッとした感じ。

 

パンオレザン

裏はこんな感じ。

とにかく、サクサクでパリパリ。食感が最高に良いです。

 

 

軽い食感の印象が強く、レーズンのジューシーさやクリームのモッタリした感じが少ないですね。香ばしい風味。




パンオショコラも買ってみた。

パンオショコラ

パンオショコラもパリパリで、1つ1つの層がハッキリしている印象でした。

夫が袋から出したら綺麗に表一枚分はがれ落ちてしまったくらい、パリッとして軽い印象。

 

 




 

おわりに―アヌシーのAlexandre Perchatは最強のパリパリなヴィエノワズリか

この連載のために3つのパン屋に言ったのですが、今回紹介したAlexandre Perchatが一番パリパリで軽い食感でした。最強のパリッとした生地層を楽しみたいなら、アヌシーのAlexandre Perchatがおすすめです。

 




 

 

次の記事:アヌシー旧市街の正統派パンオレザンならこちら!

【フランスのパン】アヌシーのパン屋Le Boulanger Du Faubourgのパンオレザン【Pain aux raisins】

 

 

ラム香る麗しのパンオレザンはこちら

【フランスのパン】アヌシーのパン屋Pan & Gatôのパンオレザン【Pain aux raisins】

 

 

その他のフランス旅行情報(アヌシー&エクス=レ=バン中心)はこちらから!

 

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA