ヒューストン近郊の超ローカルなシーフード店で生牡蠣とカニ!

ローカル・シーフード店

こんにちは、ミドリムシです。

 

日本を出ると海の幸が恋しい…

魚介類を食したい欲求にかられるのに、居住地には海がない…そんなつらい状況の日本人も珍しくないでしょう。

あるいは、アメリカに出張中は脂っぽい食事ばかりで、そろそろあっさりした海の幸を食べたい…そんな方もいらっしゃることでしょう。

 

私が住んでいるテキサス州はメキシコ湾に面していますが、サンアントニオほど内陸に行くとスーパーで生食用の魚介類に出会うことはめったにありません。

 

シーフードへの禁断症状が出ているあなたが、もし海に近いヒューストン行くのなら、それは絶好のチャンス!これはもはやミッション!絶対に海鮮を食べなければなりません!

 

 

ということで今回はヒューストン近郊San Leonにある超ローカルなシーフード・レストランをご紹介します。

 

またこの記事は、2017年の「どローカルな激ウマシーフードレストランgilhooley’s」という記事をきっかけとしてレストランの訪問に至っています。今回は、様々な情報を提供する目的で、あえてこちらの記事でおすすめされていたカキのシチューを頼んでいません。

ぜひ「どローカルな激ウマシーフードレストランgilhooley’s」もあわせてご覧ください。

 

 

さて、私の記事の目的は以下の3点。

 

  • ローカルすぎて見つけにくいレストランの立地をGoogleマップのストリュートビューとともに確認
  • 生牡蠣に感動を共有したい!
  • 気づいた点・注意点をいくつか

 

目次もありますので、気になる個所から読んでいただいても大丈夫です!

 

 

広告

ヒューストン近郊のローカルなシーフード・レストランへのアクセス

 

上述のブログ記事にもありましたが、このローカルなレストランは非常にわかりにくい!Googleマップがあれば迷わないだろうと思っていた私たちも、一瞬戸惑いました。

住所&地図に加えて、ストリートビューも張り付けておきますね。

 

 

 

外観はこんな感じ!

 

 

 

住所は

222 9th St, San Leon, TX 77539

 

★公式Facebookページはこちら

 

目印は、9番通り(9th st.)とイースト・ベイ・ショア・ドライブ(E Bay Shore Dr.)の交差点の、ガソリンスタンド。

このガソリンスタンドを背にしたとき、9番通り(9th st.)の斜め向かいにあります。

迷いそうなら一度ガソリンスタンドに行ってみるとわかりやすいと思います!

 

 

ローカルなシーフード・レストランで今回注文したお料理

 

カニのケーキ

 

カニのケーキ

カニのケーキ、追加料金を払うとセットになります。

 

どれがケーキかって?

 

左奥の丸いコロッケみたいなものが、カニのケーキです。食感はふかふかで、コロッケとパウンドケーキの中間。カニの風味たっぷりです。

 

セットでは、パンとサラダとピクルスがついてきます。

パンがやたらと美味しかった記憶…。ガーリックトーストみたい。

サラダには小さいエビなどが入ってました。サラダは個人的にはあんまりかなぁ…。

ピクルスは甘いです。絶対好みがわかれる味。

 

 

びっくりカニの姿揚げ

 

びっくりカニ

 

初めてみたわ…まさか、そのまま揚がっていらっしゃるなんて…

 

カニの姿揚げと言えば、ワシントンDCにあるワタリガニの揚げ物(さっき調べた)。ワシントンDCのカニは殻が柔らかいようなのですが、こちらヒューストンのローカルなカニさんは、殻が固い…!

 

殻に刺さっている丸い物体は、ケーキでした。中にもカニケーキが詰まっており、美味しかったです。でもめっちゃくちゃお腹にたまります…。

 

そしてカニの姿揚げを頼むなら、カニのケーキは不要です。同じケーキだからね!

 

 

魅惑の生牡蠣…

 

生ガキ

 

今日の主役~!!!牡蠣~!!!

生牡蠣は飲み物!美味しい!

 

牡蠣、新鮮でした。

まったく違和感なしで、すごく美味しい。

 

ただ、生牡蠣が焼き牡蠣と比べて淡白な印象なので、レモンや塩などでちょっと調節すると良いです。チーズをかけて焼いたものもあったので、こってりしたものがお好みならチーズ入りの方が良いかも?

 

アメリカで、しかも修羅の国テキサスで、生の魚介類…しかも牡蠣を食べられるとは思っていなかったので、とてもうれしかったです。ヒューストンってさすが、サンアントニオと違って海が近いんですねぇ。いいなぁ。

 

 

 

ヒューストン近郊の超ローカルなシーフード・レストラン注意点

 

 

テキサス州ヒューストンでのんびり生活さんのこちらの記事によると、

 

ここのお店、
子連れNG
現金のみ
なのでお気をつけあれ。
-「どローカルな激ウマシーフードレストランgilhooley’s」より引用。

 

私の方では、上記以外にも、いくつか追記しつつ気づいたことをまとめておきます。

 

 

①量がすごく多い!!!

今回、カニケーキ、カニ姿揚げ、牡蠣12個と頼んだのですが、よく食べる大人2人では食べきれなかったです。お持ち帰りもできるのでいざとなれば持って帰ればいいのですが、少しずつ注文していった方が良いかもしれないですね。

 

②店内は女性だけでは入りにくい雰囲気

誤解を恐れずに言うなら「男の店」という感じで、女性のみのお客さんはいませんでした。女性はいても、男性同伴。特に入店拒否されることはないとは思われますが、人によっては雰囲気的に入りづらいかもしれません。

 

③現金決済のみだが、近くにATMがある。

上記の引用通り、現金決済ですが、もし現金がない!という場合でも大丈夫です。前述の交差点にあるガソリンスタンドにATMがあります!アメリカで使えるカードをお持ちの方は現金を引き出してから入店しましょう。

 

 

 

おわりー店員さんも気さくだったヒューストンのローカル・シーフード店

 

テキサス州ヒューストン近郊San Leonにある、超ローカルなシーフード・レストランの記事、いかがだったでしょうか。

ヒューストンからは約1時間ほどで到着します。めちゃくちゃローカルなので道中はちょっと心配になりますが、店員さんも気さくで、いいお店なのでぜひ!

 

あ、現金をお忘れなきよう!

 

 

ヒューストンで美味しいレストランを探しているならこちら!

ヒューストンで最高のシーフード食べるなら仏領事館職員おすすめのムール・フリットが美味しいレストランで!

 

 

関連記事:

NASA!シーフード!初めてのテキサス州ヒューストン2泊3日の滞在記(2019年6月6日~6月8日)

 

――――――

 

当ブログは現在住んでいるアメリカ南部の町サンアントニオの観光情報や

サンアントニオ情報

アメリカ生活情報も書いてます。

アメリカ生活

 

当ブログの最新記事はこちらから!

 

 

最後に、よろしければ一押し!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ南部情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

 

では最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA