トランプ大統領がテキサス州に大規模災害を宣言(3/25)した後の地元スーパーH-E-Bの様子

小麦粉!

不要不急の外出を控える日々の中、皆さんいかがお過ごしですか?

テキサス州サンアントニオ在住の管理者は、3月24日夜中からベア(ベクサー)群(サンアントニオ市がある)にStay Home, Work Safe Ordersが発令中なので、基本的に自宅で過ごしている状態です。夫さんとのお出かけも、先日のDry Dock(シーフード店)以来行ってません…。

 

そして翌25日にはトランプ大統領がテキサス州に大規模災害宣言を出しました。

 

さて、先の3月13日金曜日については地元スーパーでの非常に混乱した状況を記した通りで、これはちょうどテキサス州知事がa state of disasterを宣言し、同日にトランプ大統領が国家非常事態宣言を出したタイミングだったと述べました。

 

 

そこで今回は、24日のStay Home, Work Safe Orders、さらには25日のトランプ大統領による大規模災害宣言のあと、13日の状況と同様に地元スーパーは混乱してるのか…という点について記しておきたいと思います。

 

 

 

広告

【3月26日】テキサス州サンアントニオにおける地元スーパーHEB、パニック買いは収束?

 

まず今回の買い出しについて結論を先に言うと…じゃーん!こんなに購入できました!

小麦粉!

前回まで入手困難であった卵と小麦粉を無事購入できてとてもうれしいです。

 

 

約2週間前の買い出しでは、a state of disaster宣言や非常事態宣言の影響で全く日常とはかけ離れた混乱した店内だったので、Stay Home, Work Safe Ordersや大規模災害宣言の後となる今回の買い出しでも非常に混雑することを予想していました。ですので念のため今回の買い出しでは、HEBの開店時間をわずかにすぎた朝8時30分頃に行ってみました。

 

この早めにお買い物行こう!というのが功を奏したようで、必要なものはほぼ入手できました。

ちなみに卵は在庫はあれど並んでいるものが少なかったので、午後のお買い物で入手できるのか怪しい気がします(品出ししてないだけかも)。

 

鶏肉!

さらに19日の夕方には全く在庫がなかった鶏肉もありました!またなぜか在庫が少なかった牛ひき肉も購入できました!よかった~!

 

水!

さらにさらに、入手困難なトイレットペーパーやボトル入りのお水も在庫がありました。13日は品出しのためにチェーンを張っていたくらいだったので、それと比較するとだいぶ落ち着いたなぁという印象です。

 

あ、ちなみに未だに在庫がないのはお米ですね。

 

 

新型コロナウイルスにかかるサンアントニオの地元バスとスーパーの取り組み。

 

パニック買い以外にも新型コロナウイルスの影響がチラホラと散見されます。

まず公共バス。私達は基本的にはバスで移動しているのですが、新型コロナウイルスの影響でサンアントニオの公共バスは現在無料です。切符を買うところにFreeというカバーがかかっています。

サンアントニオのバスの運行についてはこちらもご確認ください

 

バス内

バスのお客さんもStay Home, Work Safe Ordersの影響からかいつもよりも少ない印象でした。また通りを走る車の数も明らかに少なかったです。

 

 

またHEBでも、レジには店員さんと客を仕切るアクリル板が設置され、床には距離を保つためのマークや注意喚起が。

自分でするの図

いつもはトイレットペーパーなどの大きな商品はバーコードを読みに店員さんが来てくれるんですが、現在はすべて自分でカートからレジへ移さねばなりません。

 

さらには先日のパニック買いに関する返品についての注意書き。

注意書き

ここに記載のあるジャンルの商品は返品を受け付けないそうです。やっぱり買い込んで返品しようとする輩が多いのでしょうねぇ。

 

 

おわりに―サンアントニオ市のパニック買いは収束傾向も、感染者は増加傾向…

私が住んでいるのはサンアントニオの北西部なのですが、地元スーパーでは早めの時間にお買い物に行けば必要なものを入手しやすいと判明しました。ここ2週間ほど入手困難であった小麦粉、卵、トイレットペーパーも早い時間帯なら在庫もあったことから、だいぶ日常が戻ってきたな…という感じです。

 

皆さんがお住まいの地域ではいかがですか?「うちはこんな感じ!」などの情報あればコメント欄にお寄せください(コメントは公開されます)。

 

パニック買いは比較的落ち着いてきたなと感じるのですが、サンアントニオ市含めテキサス州全土で新型コロナウイルス(COVID-19)の感染者はかなり増えているので、依然として注意しなければ…という感じ。

 

必要な外出の際も、むやみに色々なところに触れないように、また外出時に洗ってない手で顔を触らないように注意していきましょうね。がんばりましょう!ではまた。

 

 

――――

 

他にも、新型コロナウイルスの影響が徐々に出てくるのが分かる記事も書いてます。

【3月22日更新】アメリカにおける新型コロナウイルス対応と街の雰囲気ーテキサス州サンアントニオの場合

 

でも普段は現在住んでいるアメリカ南部の町サンアントニオの観光情報や

サンアントニオ情報

アメリカ生活情報も書いてます。

アメリカ生活

 

当ブログの最新記事はこちらから!

 

 

最後に、よろしければ一押し!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ南部情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

 

では最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

広告

トランプ大統領がテキサス州に大規模災害を宣言(3/25)した後の地元スーパーH-E-Bの様子」に2件のコメントがあります

  1. はじめまして。
    我が家は、外出制限が出される少し前から、もっぱらHEBのcurbsideを利用しています。
    先週は品切れも多かったのですが、今週のピックアップは、数点、別商品への変更はありましたが、先週ほど酷くはない感じですね。
    まだ、数日前にオーダーを入れないといけない状況ではあるものの、だいぶ落ち着いて来たように感じます。
    お互い、頑張って乗り越えましょう!

    因みに、サンアントニオのあるBexar countyですが、xは発音しないので、正式にはベアー郡です。この辺りは、スペル通りに発音しない場所がいくつかあるので、混乱しますよね…。

    1. ひの様
      コメントありがとうございます!

      Curbsideを利用されているのですね。私もデリバリーなどの方が入手しやすい商品もあるのかしら?と気になっておりました。
      またBexerの発音について恥ずかしながら3日前に知り、訂正しなければ~!と思っていたところでした…!訂正しておきますね。ご指摘いただき感謝です!

      頑張りましょうねー!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA