テキサス州サンアントニオでお安くシーフードを食べにDry Dockへ!

オイスター

テキサス州には海がありますが、サンアントニオは約3時間ほど内陸に位置するので、例えばヒューストンほど街中にはシーフード専門店があるわけではありません(ヒューストン旅行に行った際は街中にシーフード店が多く合った印象)。

アメリカでは外食費も日本と比較してやや高額な印象がありますし、内陸のサンアントニオでシーフードを食べるとなるとどの程度費用が掛かるのか、また新鮮で美味しいのか、という点が気になるところでしょう。

 

 

そこで今回はサンアントニオ北西部にあるDry Dockに実際に行ってみました。

 

 

結論を先に言うと、今回注文したものはとても美味しかったし、新鮮でした。ローカル感漂うお店の雰囲気も悪くなかったですし、Dry Dockはサンアントニオ在住者向けのお店といったところでしょうか。個人的にはリピートしたいお店です。

 

※2020年3月現在、新型コロナウイルスの影響を受けサンアントニオのレストランも営業を見合わせている場合があります。サンアントニオにお越しの際は、事前に訪問先に問い合わせるなどして公式情報を確認してください。

 

 

広告

Dry Dockへのアクセス&概要

 

Dry Dockはサンアントニオ北西部にあります。アラモ伝道所からは車で約20分ほどです。

The Oaksという小型のショッピング・エリアの角に位置しており、駐車場も多くあります。

 

外観

外観は船のよう!周辺には牡蠣の貝殻が敷き詰められています。

店内はカウンター席だけで、外にテラス席があります。個人的には注文しやすいのでカウンター席が良いかと思います。

 

住所 8522 Fredericksburg Road, San Antonio, Texas 78229, United States
電話 (210) 692-3959
営業時間 月曜~土曜 11時から22時まで

日曜 12時から21時

ハッピーアワー 月曜~土曜 15時から19時

日曜終日!

公式サイト  https://drydockoysterbar.com/

 

オススメはハッピーアワー!

なんと日曜日は終日ハッピーアワーみたいです。生牡蠣が通常より1ドルお安くなっておりますし、オイスター好きはぜひ日曜日に!

 

 

広告

 

 

GoogleとYelpの評価が微妙に低い件について

Dry Dock、なんかGoogleもYelpも評価が微妙なんですよね。たぶん原因は接客なんじゃないかと思います。

Dry Dockの接客はアメリカっぽいグイグイ来る接客ではなくて、しつこく「大丈夫?美味しい?」って聞きに来なくて良い意味で放置されるし(多分2回ほど)、注文取りに来る人も担当は決まってないっぽくて毎回違うし。

カウンター

グイグイ接客されなくても店内はほぼカウンター席なので直ぐ注文できるし全然問題ない…ていうかむしろこれが良居心地がいいのですが…。

でも全然失礼ではなかったし、フレンドリーで大衆的というか、おおざっぱな雰囲気があったので、これを読んでるあなたにはぜひDry Dockに行ってみてほしい!

 

広告

 

サンアントニオのDry Dockで食べたおすすめシーフード

 

さてさて、夫婦2人で今回注文したものは以下。

・Oyster on the Half Shell(6ピース)…ハッピーアワーで$7.99

・Crab Fingers…$9.99

・Dry Dock Simpler…$39.99

・飲み物にビールとかワインとか色々飲んだ感じ。

 

大人2人がお腹いっぱいになって、それぞれビールとワイン飲んで、$100程度。そんなに高くない気がします。

さらに今回注文したものは全部美味しかったので、全部おすすめです。外食すると「不味くは無いけど、他人におすすめするほど好みではないなぁ…」というものに遭遇すると思うのですが、ここは注文したの全部美味しかった。

 

広告

 

Oyster on the Half Shell

オイスター

氷が敷き詰められたトレイに、ケチャップ(多分)、ホースラディッシュ、ライムとレモン、生牡蠣が乗っけられて運ばれてきます。カウンター内では頻繁に新しいオイスターの箱詰めを運び入れていたので、きっとよく注文が出るのでしょうね。

生牡蠣はヒューストンで食べたものと似た、癖のない薄味です。私は塩とホースラディッシュで食べるのが好きです。プルプルで新鮮、全くお腹痛くならなかったので安心してお召し上がりください。

 

 

Crab Fingers

蟹爪

全然狙ってなかったダークホース的なミニ蟹爪の揚げ物。この蟹爪永遠につまめるし、永遠にビール飲める。小さいし揚げてあるけど、蟹のうまみは逃げてなくて、ずっとかじり続けたい。例えるなら軟骨のから揚げ的な、居酒屋言ったらとりあえず頼むやつ。

 

 

Dry Dock Simpler

サンプラー

メニューに載ってるものが色々盛り合わせになってるお得な一皿。ロブスターはグリルで、ナマズ、オイスター、エビはフライになってます。付け合わせにコーンとコールスロー、ポテト。

 

サンプラー

これマジでおすすめです。ロブスターは甘くてぶりんぶりんしてます。あと予想外に牡蠣フライが美味しかったので、次回はカキフライ単体で注文したいと思います。

特に初めてDry Dockに行く人、複数人で来た人は頼むといいかも。ただとても大きなお皿です。ウエイトレスのおばちゃんに「Dry Dock Simplerって大きいですか?」って聞いたら「大きいよ!1つにしとく?」って提案されたので素直に1つにしといて正解でした。

 

広告

 

おわりに―サンアントニオ地元民に愛されるローカルなシーフード・レストラン

 

実はDry Dock、家から近くて毎回通るたびに船を模した特徴的な外観を見て気になっていたのです。今回満を持して新型コロナウイルス騒ぎの前に駆け込み外食してみました。

美味しかったし、2人でお腹いっぱい飲み食いして100ドル程度でリーズナブルだったし、お店の雰囲気も良かったのでおすすめです。

 

――――――

 

当ブログは現在住んでいるアメリカ南部の町サンアントニオの観光情報や

サンアントニオ情報

アメリカ生活情報も書いてます。

アメリカ生活

 

当ブログの最新記事はこちらから!

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA