アメリカの魚は高価?テキサス州サンアントニオでお刺身用の魚を購入(価格・購入方法・鮮度)

芸術的な魚

こんにちは!ミドリムシです!

本記事は、テキサス州サンアントニオで実際にお刺身用のお魚を購入した体験談に基づいて、鮮魚店の情報と、お魚の価格や、実際の購入方法、そして肝心のお刺身用の魚の鮮度を共有する記事です。

 

私は今回アメリカに来て以来ではじめて生の魚、お刺身用の魚を購入しました。

 

今まで私が魚を購入できなかった理由は、

「アメリカの刺身用の魚って高額な印象」

「実際どれくらいの量で何ドルなの?」

「美味しくないかも」

「どこで購入すればいいかわからない」

「スーパーのお魚は生で食べられるの?」

などなど、魚の購入に対して漠然とした不安があったからです。

 

きっと海外にお住まいの方には、私と同じような不安を抱いて、何となく魚の購入を避けている方も多いと思います。

 

そこで本記事が、渡米後なんとなくお刺身用の魚の購入をためらってしまっているという方の背中を押すような役割になればこんなに嬉しいことはありません。皆さんの食卓にお刺身が復活しますように!

 

 

広告

アメリカでもお刺身食べたい!生食可の魚を買うためにGroomer’s Seafoodサンアントニオ店に行ってみた!

芸術的な魚

 

Groomer’s Seafoodへのアクセス&購入方法

 

Groomer’s Seafoodへはバスでも行くことができます。駐車場もあるのでもちろん車でも大丈夫です。

 

住所は

 

 

日曜定休日

平日は9時から16時半まで

土曜日は13時までの営業です。

公式サイトはこちら>>Groomer’s Seafood

 

 

外観1外観2

 

外観はこんな感じ。11時くらいに行ったのですが、駐車所にも結構車入ってました。

 

雑貨・食品

 

お店に入ると、まずは雑貨や調味料などを売っているコーナーがあります。鮮魚コーナーは入って右奥にあります。レジ付近でウロウロしてると店員さんが来てくれるので、何が欲しいか伝えます。とにかく、行けば何とかなります。

売り物のお魚ボード

鮮魚コーナーを欲しい魚を買ってもよし、ボードに記載があるものから選んでもよし、おすすめを聞いてみるのもよし。後述しますが、私が行ったときはお刺身用の魚はマグロとサーモンのみでした

 

 

注文後、店内で待っているとレジに呼ばれますのでお支払いしましょう。買ったものは、段ボール箱の中に氷が入った袋と一緒に一緒に入れてくれます。移動に時間がかかる場合も安心です。

 

 

サンアントニオで購入できる刺身用の魚の状態

 

ではお魚の状態はどうでしょう。

 

マグロ

マグロはうたれ(内出血)もなく、とてもきれいな赤身です。食べた感じ、筋も少なかったです。

 

サーモン

サーモンもきれいです。ただ、切ってると崩れやすい印象ですね。これはおそらく私の切り方が悪かった

 

 

Groomer’s は魚以外にも色々売ってる!お店の雰囲気

 

Groomer’s Seafoodは生の魚だけではなく、味の素のシュウマイなど冷凍食品なども売ってます。

 

ソーセージ

一見、魚介関係ないソーセージでも実は魚介入り。

 

エスカルゴ

エスカルゴなんかもあります。

 

日本の食品

日本食の調味料もあります。お寿司を作る材料はここで全部そろいますね。

 

クラブケーキ

クラブケーキなどのお惣菜も売ってます。入れ物が日本のスーパーでみるお寿司パックで郷愁にかられる

 

 

Groomer’s Seafoodで購入したお刺身用の魚をお寿司にしてみた!

 

購入したお刺身は握り寿司にして食べてみました。まさか寿司握る人生だとは思ってなかった!

 

初めてシャリを握ったんですけど、難しかったです。ちょうどいい大きさのシャリを握るの、本当に困難!

 

マグロのお寿司 サーモンのお寿司

お寿司が不格好でごめんね!!!マグロもサーモンも、大変美味しくいただきました!全然臭みもなく、日本で食べるお刺身とそこまで大きな差はないかな、という感じです。

広告

 

 

 

アメリカのお刺身用の魚は高いのか?日本とサンアントニオを比較!

 

今回Groomer’sで購入したお刺身用の魚の種類はマグロとサーモンの2種類で、それぞれ

 

マグロ…22.50ドル/LB…500/100g

サーモン…16ドル/LB…355/100g

1ドル=100円、1LB450gでざっくり換算

 

サンアントニオで刺身用の魚を買うと、お肉よりも高くつく!

でもこれ、日本と比べて高いのでしょうか?

 

 

長崎の実家に聞いてみたところ、大型スーパーの価格では

 

マグロが約500/100g

サーモンが約300~400/100g

 

とのこと。

ただ、鮮魚店や市場に行けばもっと安いかも?とのことでした。

 

実家最寄のイオンのネットスーパーを見てみると、

 

中トロの切り落とし100g548

チリ産サーモン100g298

2019714日調べ。マグロ赤身は見つからず。

 

 

価格だけ比較すると、そんなに日本とサンアントニオでお値段は変わらないですね!意外です。

 

もちろんこれらの価格は、地域や時期によって変化するものと思われますので、あくまでも目安としてください。

 

2019年9月14日追記

 

2019年9月にGroomer’sに再び訪れましたので追記します。

 

13日の金曜日!に行ったのですが、当日の朝に釣れたて!という新鮮な魚介類が複数種類ありました。「サーモンとマグロ以外にも白身で生食用の魚はあるか?」と尋ねたところ、なんとヒラメが手に入りました

 

 購入した3種類のお魚と価格は以下の通り。

 

 

  • マグロ(Yellow Fin Tuna)…25.73ドル/lb
  • サーモン(Icelandic Salmon)…15.00ドル/lb
  • ヒラメ(Flounder)…7.29ドル/lb

 

 

ヒラメはお値打ち価格ですが、マグロが高かった…!マグロとサーモンの価格からもわかるように、Groomer’sは日によってお魚の価格が変動しますので、注意です。

 

 

 

Groomer’s以外でテキサス州サンアントニオでお刺身用の魚が購入できるところは

 

お魚

この記事を執筆している714日までに私が確認できたスーパーは2店舗。今のところ、Groomer’s Seafood以外にお刺身用の魚を購入できる場所は見つけられていません。

 

今後調査を進めて、わかり次第追記する予定です。「ここにお刺身売ってたよ!」という読者の方、いらっしゃいましたら是非ご一報ください!

 

 

セントラル・マーケット

 

セントラル・マーケットの魚売り場にある、冷凍のマグロ&サーモンのブロックは生食が可能であると店員さんに教えてもらいました。

 

価格はそれぞれ以下。

 

  • マグロ…24.99ドル/Lb
  • サーモン15.99ドル/Lb

 

ただし私が行ったときには、上記以外のお魚は生食用ではありませんでした。他の種類が欲しい場合はGroomer’sの方が良いのかしら。

 

関連記事:

テキサス州でヨーロッパのチーズが欲しいなら高級スーパー「セントラル・マーケット(Central Market)」に行こう!

 

 

スプラウト・ファーマーズ・マーケット、生食不可

魚

スプラウトでは、美味しそうなお魚を売っています。特にマグロは綺麗な赤身で一見するとお刺身でもいいんじゃない?とも思えます。

 

しかしここのお魚はすべて生食不可です。売り場のおばちゃんに聞いても「スシ・グレードじゃないわよ~」ですって。ただ、価格はそんなに高くはないです。ソテーにして食べるなら良いかもしれません。

 

 

最寄りのH.E.B.でも生食用は売ってない。

 

HEBの魚

H.E.Bにもお魚コーナーがあり、切り身はもちろん、1尾ごとに売られているものもあります。貝やカニ、タコなんかもあるので、市場ほどではないですが、色々と取り揃えている印象です。

 

しかし、ここもお刺身用は販売していません

 

広告

 

コストコのサーモンは生食可?!

 

ツイッターでフォロワーさんから情報提供していただきました。

 

一部のコストコのサーモンは、日本のコストコのサーモンのようにお刺身として食べることができるかもしれません。

 

「かも」と言葉を濁したのは、このサーモンが「スシ・グレード」と明記されていないから。アメリカのコストコのサーモンも生食可能かもしれませんが、あくまでも自己責任でお召し上がりください。

 

 

 

 

まとめ-サンアントニオでお刺身用のお魚を購入してみた感想

 

美味しかったです

 

正直、期待してなかったんです。だってサンアントニオって、海まで出るには車で3時間くらいかかる内陸だから。

 

でも、美味しかった

 

マグロの赤身は、内出血もなくきれいな赤い色で、筋も多くなかったです。ただ、味はさっぱりしていたので、濃いめのネットリとしたものがお好みの方にとっては期待はずれかも。

 

サーモンは脂が乗っていましたし、甘みを感じます。ただ、どうも切り方がまずかったようで、切るときに筋に沿って崩れてしまいました。切り方を上達させる修業が必要ですね。

 

サーモンもマグロも全く臭みもありません。

 

確かにお肉と比べると可愛くないお値段ではありますが、日本と比べてもほぼ同じ価格。そう考えると、今までよりも魚を買うことに抵抗が少なくなります。

 

ただ、刺身用の魚の種類が少ないのがちょっと悲しい。鯛とか、鯵とか、色々食べたいです。

 

 

さて、サンアントニオで生の魚にありつけたミドリムシですが、アメリカ各地にお住まいの皆様のお魚事情もきになります。

 

やはり海にもっと近い場所のお魚は新鮮で、もっとお安いのでしょうか?

マグロとサーモン以外にも、鯛などの白身のお魚もお刺身用として購入できますか?

 

ぜひ、「わが町の魚はうまい!」というご意見・ご感想、または各地のお魚事情に関するブログ記事の更新など、お待ちしております!

 

 

他にも、住んでいるアメリカ南部の町サンアントニオの観光情報や

サンアントニオ情報

アメリカ生活情報も書いてます。

アメリカ生活

 

当ブログの最新記事はこちらから!

 

 

最後に、よろしければ一押し!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ南部情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

 

では最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

 

 

 

参考URL

 

http://www.jas-sa.org/Resources/Documents/15%20%20P44-51.pdf

Groomer’sを見つけたきっかけはこちらのPDFです。

 

https://temaeitamae.jp/top/t7/a/tuna.c.html

マグロの鮮度については上記のサイトを参考にさせていただきました。

 

広告

アメリカの魚は高価?テキサス州サンアントニオでお刺身用の魚を購入(価格・購入方法・鮮度)」に2件のコメントがあります

  1. こんにちは!!
    2ヶ月前にサンアントニオに引っ越してきました(^^)夫の仕事で5ヶ月の娘と一緒に来ましたが、まだまだわからないことばかりで、ブログ記事一つ一つ読んで勉強させてもらってます!
    いつかお茶でもできればと思います(^^♪
    ブログ頑張ってください、楽しみにしてます!

    1. ゆりさん

      こんにちは!コメントありがとうございます!そして、ようこそサンアントニオへ!
      ブログ読んでいただき、とても嬉しいです。私も2018年の夏に越してきたので身ですのでまだまだ新米ですが、少しでもお役に立てれば光栄です。
      その時はぜひ!>>「いつかお茶でも…」

      ツイッターもやってますので(記事にはならないような日常的な独り言をつぶやいています)、もし気が向いたらフォローしていただけると嬉しいです。
      >>>@goldeneuglena

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA